内容証明

内容証明ってどんなもの?

内容証明とは簡単に言うと、相手方にやって欲しいのに、やってもらえない時に出す手紙です。

公の機関である郵便局が、いつ、誰に、どんな内容で、いつ届いたのかを証明してくれます。

それにより、相手方が応じる、証拠としての採用、時効の完成を防ぐ事などが出来ます。


こんな経験ないですか?

  • 飲食代、売掛金、貸したお金を払ってくれない
  • 養育費の支払いが滞りがちになってきた
  • 自分の持つ債権を他人に渡したい
  • クーリングオフ制度を使いたい
  • 不当な解雇を言い渡された
  • 金融屋からの不当な取立て
  • セクハラやストーカーを受けた
  • 不動産でのトラブル
  • 近隣でのゴミ出しやペットの問題
  • 不倫相手への警告
  • 相続通知や請求
  • 交通事故に対する賠償 など

そんな時に有効です。


もっと詳しく

書き方と決まり

縦書き・・・1行20字以内、1枚26行以内

横書き・・・1行20字以内、1枚26行以内

      1行26字以内、1枚20行以内

      1行13字以内、1枚40行以内

使用できる文字は、ひらがな、カタカナ、漢字、数字、英字等です。記号やかっこも1字となります。

タイトルや前文は不要ですが、必要に応じてつけてもかまいません。

文の終わりに、年月日、差出人の住所、氏名、1行あけて受取人の住所、氏名の順で記載し、最後に押印するのが一般的です。

封筒には差出人と受取人の住所、氏名を書きますが、先ほどの中身と同じように書きます。

本文の内容は解りやすく、誤字脱字が無いようにしてください。いかにポイントを絞り、相手に要求を呑んでもらうかが大切になってきます。


出した後、要求が通らない時にどうするかも視野に入れておきましょう。

少額訴訟、民事裁判、告訴など。


最後に郵便局に持っていきますが、封はしてはいけません。

郵便局にて確認後封をしますので気をつけてください。


どれくらい料金がかかるのか

当事務所では内容証明書作成につき 10,000円~(一般的なもの)で対応しております。


手書きやワープロ作成した時に郵便局でかかる料金

郵送代      82円~

書留料金    430円~

内容証明料金  430円~

配達証明料金  310円(任意ですが、つけた方がいいです)

速達料金    280円(任意です。お急ぎの方)

 1252円~ が一般的です。

文書が1枚以上になると多少上がります。


電子内容証明

当事務所では郵便局に持ち込む内容証明とは別に、インターネットで送る電子内容証明を扱っています。

現在はほとんどがこれです。24時間送れる事が大変好評です。


メリット

時間を気にせず送れる。特に郵便局が閉まっている時や、近くの郵便局が内容証明を扱ってない時に有効。

文字制限の緩和。字数行数をあまり気にせず、パソコンで文書を作る感覚で出来る。

同じ内容で多くの人に送れる。

保管していた謄本を無くしても、再度発行してもらえる。


デメリット

行政書士の職印を押さないので、見た目にインパクトが無くなる。

パソコン操作がめんどうくさい。

クレジットカードが必要

などです。もっと詳しく知りたい方は郵便局ホームページをご覧ください。


電子内容証明で作成した時、郵便局でかかる費用

基本料金          82円

電子郵便料金 1枚目    15円

電子郵便料金 2枚目以降   5円

内容証明料金 1枚目   375円

内容証明料金 2枚目以降 353円

謄本送付料金       298円

書留料金         430円

配達証明料金       310円(任意ですが、つけた方がいいです)

速達料金         280円(任意です。お急ぎの方)

 1200円~ が一般的です。

一枚に書ける文字が通常の内容証明2、3枚くらいありますので、文字数を気にせず書けます。